味の素KK VICTORY PROJECT 「勝道」日記

最後まで諦めない男たち

2014/02/21


お疲れ様です。バンでございますicon:body_no1

約4年前に私の初めての勝道はこのチーム出会いでした。

いつも暖かく迎えてくれ、礼儀正しくて皆明るく元気で我々が教えられることの多い大好きなチーム。

http://vp.ajinomoto.co.jp/2010/09/post-31.html

今日、皆の最後まで諦めない素晴らしい戦いを目の当たりにして心から勇気をもらいました。


望むような結果ではないと思いますが、次に向けての戦いは今日が始まり。

お疲れ様のメールに「まだまだこれからですよ!」という頼もしい返信。

そう。まだまだこれからだ。

ソチオリンピックも残りわずか!!最後まで応援のほどお願いいたしますicon:body_biceps

コンバインド代表合宿です。

2011/10/26

こんにちは。バンでございますicon:body_no1
昨日はノルディックコンバインドチームで勝道でした。

この時期の白馬は既に紅葉が進んでおり最低気温も10度以下。
東京を拠点にしている我々とは季節が1ヶ月違っている感じです。
(ちなみに昨日の東京は30度に近かったらしいですね・・・。)

午後のクロスカントリートレーニングから合流。
練習風景.JPG

相変わらず斜面を重力に逆らって滑っていますicon:face_surprised

このクロスカントリースキーってのは本当に難しいです。

私も今年の冬に草津で、荻原健司さん、次晴さんのご兄弟が出演するイベントで体験しました。

上りもかなり気合と滑る足の脚力とストックを使う腕のタイミングと力の入れ具合の
バランスが悪いと傾斜が登れません。楽しくも苦戦した思い出ででありますicon:sweat
実はそんな話をコーチや選手の皆さんとした矢先の勉強会開始直前、
偶然にも北野建設スキー部部長荻原健司さん登場!!
健司さん.JPG
勉強会の前に健司さん自ら「アミノバイタル」の実感を語っていただきました。


選手も本格的シーズンを直前に控え、少しでも上を目指す真剣な想いが伝わってきました。

チーム.JPG

昨年までチームの中心だった小林選手が引退して、
2011年新しいメンバーで再スタートしたコンバインドのTOPチーム。

更にTOPチーム入りを目指す若い力達。

今年もコンバインドチーム期待してくださいicon:ecstoramation

ノルディック複合代表合宿in白馬!!

2010/11/01

みなさんはじめまして。バンでございます。

私もこのビクトリープロジェクトを担当して早4ヶ月です。今後もこの「勝道日記」で様々な出会いや感じたことを書き込んでいきますのでぜひ又遊びに来てくださいicon:face_shishishi

さて今回は白馬で行われていたノルディック複合代表合宿のレポートです。

実は私が7月にこの業務を担当して、初めて合宿訪問したのはこのノルディック複合代表チームでした。このチームは非常に礼儀正しく気さくな人たちばかりで、私もすぐにこのチームが好きになりましたicon:body_good

今回も直前合宿で非常に忙しい中でしたが、本当に暖かく迎え入れていただきました。
逆に当日の白馬の気温は4℃。ロケーションとしては猿の親子が道路を横断してたり、最近話題の熊も出没するくらいの山奥です。

震えるような非常に冷たい雨が降る中、選手はクロスカントリーの練習です。

さすが直前合宿。選手は寒さに腰が引けることなく飛び出して行き、坂道をローラースキーで何本もレース形式で滑り上がっていました。

当たり前ですが本来スキーは滑り降りるもの。


でもこの人達は違うんです。重力に逆らって滑り上がるのです。


しかも常に本番のレースの混戦を想定してタイム的にもかなりハイペースな練習を繰り返し行っていました。
トップアスリートの本番を想定した練習というのは、こんなにも激しく自分を追い込むものかと正直ビビッてしまうほどでしたicon:face_surprised
クロスカントリーの練習

そして夕食後はヨーロッパバージョンの「勝ち飯」勉強会です。

実際、ノルディック複合の試合会場はドイツ、オーストリア等のヨーロッパが中心で、当然食事もヨーロッパならではのメニューで何ヶ月も戦い抜かないとなりません。

いかに必要な栄養をコンスタントに摂取し、本番で100%のパフォーマンスを発揮すべくコンディショニングを整えることがかなり重要となります。

この日もハードな練習の後お疲れなのにも関わらず、最後まできっちり勉強してくれましたicon:memo2icon:glasses


また今回は遠征の直前ということで「アミノバイタル」の他にも、スープなどの食品も差し入れました。

スープや汁物はハードな練習で食欲がなくなった時には非常に強い味方ですicon:body_biceps

食材の栄養が全て溶け出し、うま味がたっぷりですので、まずはひとすすりしてから食事をはじめると、胃が消化を始める準備ができるようになり、食欲アップにも役立ちます。

「勝ち飯」勉強会みんなとっても素敵な笑顔で受取ってくれましたicon:face_self-conscious_smile

皆さんも食欲がない時は一度お試しあれicon:body_peace

他の冬季競技チームも先週、今週と一斉に世界各地での戦いの旅に出発しています。
全ての日本チームが一番になってもっと素敵な笑顔となりますようにicon:body_no1

日本でガンガン応援しています!!


おーっと違います。11月はアジア大会です。中国でもガンガン応援せねば!!!


というわけで次回は「いくぞ!広州アジア大会」編です。 

ソチに向けて〜ノルティック複合〜

2010/09/03

皆さんこんにちは。ビクトリー栗原です!

大変ご無沙汰をしてしまいまして、申し訳ございませんっ!!お詫びモード全開でこれから更に勝道日記、頑張りますicon:face_self-conscious_smile

今週はノルディック複合代表チームの合宿にお伺いし、食事や栄養に関しての勉強会を開きました。場所は長野県白馬村です。


 おっと、その前にビクトリープロジェクトに新たなメンバーがこの夏から加わりました!名前は「バン」こと一番ヶ瀬(いちばがせ)と言います。とっても名前が難しいので「バン」さんと呼ばれています。
アスリートの大好物!である「一番」が名前に入っているという、まさにビクトリーにぴったりなメンバーであります。これからよろしくお願いいたします

今回はバンさんと一緒に勝道ですicon:ecstoramation


さてさて、選手やコーチの皆さんとはバンクーバーオリンピック以来、久しぶりの再開!トリノオリンピック前からのお付き合いがあります。
行く前からとっても気持ちが高ぶり、ドキドキワクワクしてしまいました。なぜならノルディック複合代表チームの皆さんの人柄が素晴らしく、本当に尊敬できる方々だからです。そして、今回もやはりお会いしたらいつもの通り本当に温かくお迎えくださり、お気遣いを頂いてしまい、大変恐縮&こちらが勉強させていただくばかりでありました。

さぁがんばるぞ!と気合をいれて、それぞれ練習にお供しました。私もランニングに軽く混ぜて頂きましてね。なかなかいう事を聞かないカラダにムチ!ですわ。
ノルディック複合代表チームの練習風景

そこではノルディック複合競技の特徴を改めていろいろと勉強させて頂きました。やはり現場ですよね〜。次の日にはジャンプ台にも行きましてね。ラージヒルのてっぺんから見る白馬の景色はサイコー!と言いたい所ですが、あまりの高さに足がすくみますよ。。そこから飛び立つ選手は本当にスゴイ。頭が下がります。
ラージヒルのてっぺんから見る景色


複合競技ですので、クロスカントリーとジャンプの両方で戦います。この両方とも全く異なる動作を行うという点でとても難しさがありますね。

そして、夕食後に栄養勉強会を行いました。ビクトリープロジェクトが推奨する「勝ち飯」icon:ecstoramation
という選手強化の為の栄養プログラムをベースに、競技の為に、バランス良く・おいしく食べる事についての大切さと、「何の為に、何を食べるか。」という事について考え方をお話しました。少しずつでも自分で考えて食べるものを選ぶことが出来る様になるというのが「勝ち飯」の重要なポイント。その考えのベースになるものをお話した訳です。
夕食後の栄養勉強会夕食後の栄養勉強会


今回の勉強会で新たなスタートを切りました。また来月、本格シーズンに入る前に勉強会を行う予定です。これからソチに向けて微力ながら縁の下で支えてゆきたいと思います。ガンバレ、ノルディック複合代表チーム!ビクトリー!!

ビクトリープロジェクトスタッフ


篠田 幸彦

(リーダー)

------------------------------------

栗原 秀文

(通称 ビクトリー栗原)

日本のスポーツ界に命を懸ける。自身の選手時代の苦い経験をもとに、現役アスリートに悔しい思いを繰り返させないためにサポートを行う。

------------------------------------

一番ヶ瀬 和彦

サポートするアスリートが「一番」になると、その名の通り上機嫌。選手たちと我が子を心から愛する。

------------------------------------

森田 友子

管理栄養士。ニーズを捉え、選手の日常での「実践」を目指して、サポートに奮闘中。

------------------------------------

葛西 和輝