味の素KK VICTORY PROJECT 「勝道」日記

男子フィギュアスケート を終えて。

2014/02/17

みなさま、こんにちは。
ビクトリー栗原です。

フィギュアスケート男子の状況は、フリーの前に書きましたね。
少し空いてしまいまして、申し訳ございません。

みなさまご存じの通り、見事 羽生結弦選手が金メダルを獲得いたしました。

私は会場で見ておりました。

まず、髙橋大輔選手。
髙橋選手の演技を見るにあたって、トリノの前年からの事が走馬灯のように頭の中を駆け巡りました。

そして、この大会。厳しい状況の中で今できる事を積み重ね、ここまで来た。
その演技を見ていたら、自然と涙が出てきました。


そして、次に出てきたのは羽生選手。
氷上に立つその時まで、カラダが元気であれた事で少しばかりかチカラになれたと心の中でガッツポーズをしながらも、やはり4年に一度のこの試合。本当に緊張する瞬間です。きっと、どの選手も胃が飛び出るくらい緊張をしていたのでしょう。その中で戦うスゴさがこの試合の凄さです。

羽生選手が滑る時には、涙は止まり応援モード全開でした。


約4分の間にいろいろな事が頭をよぎりました。
今滑っている事、これまでの事、そしてこれからの事。
とにかく、羽生選手が納得いく演技ができるまで、我々ビクトリープロジェクトは微力ながらチカラになりたいと強く思い、心が奮い立っていました。


そして、最終滑走者が終了して羽生選手の金メダルが確定。


その時、今度は達成感と羽生選手をたたえる涙がどんどんとこみ上げてきました。


泣いたり、奮い立ったり、笑ったり、叫んだり。
本当に忙しい数時間でしたが、とても幸せな時間でした。


ビクトリープロジェクトとして、多くの選手のみなさんをサポートしていますが
我々にあるのは、「元気」と「アミノ酸」だけ。
しかし、それらは誰にも負ける事はありません。

それらを通じて僕らは本当に微力ながら、しかし着実に貢献してゆくというのがこの勝道。


サポートをしている、そしてそれを考えている全ての瞬間を全力でこれからもやっていく事を固く誓います。

本日は、2014年2月17日。
栗原は、前半戦を終了して一足先に日本へ帰国です。

後半に来た、バンさんにしっかりバトンタッチをします。
引き続き、日本の皆様日本代表選手団の応援をお願いいたします。


ソチ空港にて。

batontaci.JPG葛西、バンへ バトンタッチ!

男子フィギュアスケート  決戦前。

2014/02/14

みなさん、こんにちは。
ビクトリー栗原です。

昨晩の男子フィギュア個人戦。
日本の3選手は、それぞれ素晴らしい演技を見せてくれました。

昨晩競技がすべて終了したのは23:30。
その後、インタビューなどいろいろで選手が休んだのは相当遅いと思います。

その中で、本日は午前中練習。

カラダの負荷はかなり来ます。

そんな中、しっかりとアミノ酸を摂取してコンディションを整える。

今朝も選手は元気です!

さぁ、いよいよ男子フィギュアは最終決戦。

ビクトリープロジェクトは選手が元気に氷の上に立っていることを目指し、
また今日も勝道中です。

みなさん、応援よろしくお願いします。
よろしくお願いしますよ!ビクトリーっ!!

いざ!髙橋大輔選手、羽生結弦選手、小平奈緒選手!!

2014/02/13

みなさん、こんにちは!
ビクトリー栗原です。


早いもので大会も中盤戦を迎えています。

本日は、女子スピードスケート 小平奈緒選手が1000m。
強豪ぞろいのレースですが、チカラの限り滑り切ってほしい!昨晩もとても良い表情でした。


そして、いよいよフィギュアスケート男子個人戦が始まります!!

髙橋大輔選手。長きに渡り微力ながらお手伝いをさせて頂いてきました。
これまでの中で、最高のパッションを出し切って欲しい。
心はアツく。頭は冷静に。これが髙橋大輔だ、という魂を出してほしい。


羽生結弦選手。ここまでしっかりと良い表情でこれたのは誰のチカラでもない、羽生選手自身のチカラ。我々はその為の「元気」を、アミノ酸と食のチカラで引き出したまで。
このまま、笑顔で演技開始を迎えられれば、それで嬉しい。


とにかく、心から選手皆さんの健闘を祈っています。
そして、心の限り応援します。

がんばれ!ニッポン!
ビクトリー!!

3sennsyu.jpg

行きますよ、一発目!羽生選手やったぜ!!!

2014/02/06

さぁ、いよいよみなさん。
開幕ですね!


スキー&スノボフリースタイルとフィギュアスケート団体。


我らが日本代表選手団のフィギュアスケートチームの
トップバッターは羽生結弦選手。
練習をしっかりと積み重ねてきた成果を出す時です。


少し緊張した面持ちでしたが、
活き活きといい表情でしっかりと滑り切りましたね!!!


本当にそれが嬉しいです。

yuzuru.JPGいいスターと切れたね!ここからも、どんどん元気に行こう!
羽生選手の笑顔をみんなは待ってるよ!!

あっ、栗原の元気写真を持っている(笑)これは夏の写真。


ゆづるくん、ガンバ!!!!

夏の勝負。フィギュアスケート髙橋大輔選手 その二

2013/12/26

みなさんこんにちは。ビクトリー栗原です。
明日でいよいよ、2013年も仕事納めという状況でしょうか。


ビクトリープロジェクトはまだまだやりますよー!!


さて、昨日の続き、夏場の強化についてです。


「いかにムダのないカラダ作りを、効率的に行うか」
「いいトレーニングを、いかに続けさせるか」という事のサポートをするために、
夏合宿の現場に出向き、タイミング良いアミノ酸摂取の情報と、何より「元気」icon:face_smileを届けに。


夏のトレーニングは、激しくかつその動作の繰り返し。
それにより体も心も強くなるわけですが、その時に必要なモノが、やはりアミノ酸です。
gassyuku.JPG練習の現場にも「アミノバイタル」!


髙橋選手は、
トレーニングの前に「アミノバイタル」プロを摂取し、そのトレーニングを全力で頑張る。
トレーニング後に「アミノバイタル」アミノプロテインを摂取し、カラダを作る。
そして、リカバーのために「アミノバイタル」GOLDを摂取する。

そうした活用をこの合宿で行っていました。

gassyku2.JPGしっかり下半身を強化する。


今シーズンはとても良いプログラムが出来、そのプログラムをきちんと滑り切るためには、
体力が相当必要です。

その為にも、しっかりと追込んでいました。
さらに!追込むために、私は「元気」も合わせてお届けしたのですicon:body_biceps


この様な地道なトレーニングを積み重ね、シーズンの氷上に立つ。


日本代表になった今、またあと1か月半、積み重ねましょう。
髙橋大輔選手に、ビクトリー!!

夏の勝負。フィギュアスケート髙橋大輔選手 その一

2013/12/25

みなさんこんにちは。ビクトリー栗原です。
フィギュアスケートの日本代表が決定し、世の中はソチ五輪日本代表としての選手の言葉が多く報道されていますね。

フィギュアスケートは見ていてとても優雅な競技。ですから、その美しさに目を奪われます。しかし、その演技を行うには、強靭な肉体が必要なのです。


ある選手の言葉では、フィギュアスケートは他の競技で例えると、「1500m障害走。」と言いました。
それは全力から7割くらいの力で4分30秒程度走り続けて、その中で高いハードルなどを超える為に目一杯ジャンプをしたり、回ったり。すなわち息を瞬間的に止めて全力を出すという動作。ジャンプを失敗した時には、体力は大きく奪われ、その息づかいはものすごく乱れる。そんな中で選手はあの優雅さを表現しているのです。


想像してみて下さい。ものすごい事でしょう?
学校の体育で、1500m走ってやりませんでしたか?ほぼ全力で走りながら飛んだり跳ねたり、おまけに豊かな表情を続けるという事を。


それを世界で一番強く、美しく、行うために
全ての選手が夏の時期に自分のカラダにムチを振り、課題を持って体作りに取組むのです。
その苦しいトレーニングを乗り越えて、あの試合のリンクにいるという事を皆さんに知っていただきたい。


ある夏の日のスケートリンクです。「アミノバイタル」の広告の撮影が行われました。
そこにはシーズンオフの髙橋大輔選手がいます。
satueirink.JPGsatuei2.JPG


この撮影中に、私栗原は現在の高橋選手の状況をヒアリング。そして、今後のカラダ作りに必要なポイントを考え、伝える時間を作りました。

hikaeshitu.JPG

やはり、そこで感じた事は
「いかにムダのないカラダ作りを、効率的に行うか」
「いいトレーニングを、いかに続けさせるか」

という事でした。


続きは明日。

takahashi vtr.jpg
あっ、「アミノバイタル」のホームページで髙橋選手のスペシャルムービー、ありますよ。
ぜひ、ご覧ください。

フィギュアスケート代表決定!羽生結弦選手、髙橋大輔選手!!

2013/12/24

みなさん、こんにちは。ビクトリー栗原です。
昨晩は、いかがお過ごしでしたか?
我々ビクトリープロジェクトは、生きた心地のしない数時間を過ごさせて頂いておりました。

本当に、男子も女子も全ての代表候補となる選手が出来得る全てのチカラを発揮した、
素晴らしい試合でありました。


気持ちとしては、全員代表になってもらいたいという気持ちばかり。


しかし、厳しい世界。そうは行きません。
そして決定したからには、選ばれた選手は国を代表した誇りを持って戦いに挑む準備をしなくてはならない。


昨日の発表は、その通過点。
羽生結弦選手、そして日本のエース 髙橋大輔選手、おめでとう!

試合の日までに準備を万全にできるように、そしてその試合でしっかりと選手の背中を押してあげる事ができるように、我々も準備に入ります。


2nin.jpg

おっと、いやいやー!まだまだ他の競技の選手も代表決定に全力です。
さぁ、次はスピードスケートだ!!
いくぜ、ビクトリー!!


明日からは、夏の時期の勝道をみなさんにご報告します。
メリークリスマス。

いよいよ本日、フィギュアスケート日本代表発表。

2013/12/23

みなさん、こんにちは。
ビクトリー栗原です。
昨日の壮絶な男子フィギュアスケートの日本代表の座を争う闘い。ご覧になりましたでしょうか。


全ての選手が、自分の今持てる力、体力や気力を出した素晴らしい試合でした。


会場で何度も涙がこみ上げてきました。


羽生結弦選手。自分の気持ちをしっかりとコントロールをして、次に向かって前を見続けている。とても19歳とは思えない心の強さ。強い心は強いカラダに宿る。彼にはそう言っています。


髙橋大輔選手。彼との出会いは2005年。ずいぶん前ですね。
2006年の戦いの時。初めての代表。栗原はひと時も忘れてはいないんです。2006年2月16日。自分のチカラを出せずに終わった大舞台。
その日の晩、私も悔しくて朝まで街中で燃える炎を、一人ボーっと目に焼き付けていました。そして、彼のスケート人生に少しでもいいから、最後までチカラになりたいなと思った事。忘れません。
honoo.jpg


その時の彼とは比較にならない位、心も体も技術も素晴らしいモノになっている。


その他の選手も、本当に全力で素晴らしい演技をした!
誰がソチオリンピック日本代表になっても闘えるはず。


さあ、今晩まで胸が締め付けられる感覚が続きます。

男子フィギュアの壮絶な戦い!

2013/12/22

みなさんこんばんは。ビクトリー栗原です。
これからいよいよ、男子フィギュアスケートのフリースケーティングの演技が始まります。
本当にドキドキです。
われらが髙橋大輔選手、羽生結弦選手。全力を出してほしい。
ここまでしっかりやってきた道を、自分自身のために表現してほしい。
願うのはそれだけです。
皆さんの想いが選手に届きます。是非とも、テレビの前で応援をお願いします。


この夏場、様々な努力を選手たちはしてきました。


羽生選手との出会いは、まさに今年の夏。彼は昨年、様々な課題を持っている中に、
体調を維持するという事が大きな課題の一つでありました。

人並み外れた技量をもつ羽生選手。その技量を支えるのはやはり体。
心、技、体。体が健全であることが全てを支えるのです。


その為に、彼の生活環境であるカナダの状況を聞き、そこで出来る事をスタートさせました。


ポイントは、うま味(汁物)とアミノ酸。それらを上手に摂取する事で、食欲を出し
強いカラダのベース作りをするのです。


そんな努力を開始したこの夏からの進化。


今宵は羽生選手と髙橋選手の全力の演技をみなさまご覧ください!!
ビクトリー!!

rink.JPG
ある日の夏のリンク・・・。ここから、勝負は始まっていたのです。

全日本フィギュアスケート選手権大会

2011/12/26

こんにちは。バンでございますicon:body_no1

皆さんテレビでごらんになられましたでしょうか?

全日本フィギュアスケート選手権大会icon:ecstoramation

全日本フィギュア.JPG
男子、女子共にこの大会に全てを賭けた渾身の演技で感動をしましたねicon:star

我々ビクトリープロジェクトも現地会場にて選手とコミュニケーション。
舞台裏はかなりの緊張感でした。

あんな激しい動きを涼しい顔で軽やかに踊る選手達は本当にTOPアスリート。
尊敬しちゃいますicon:sparkling


さて今回の会場も気温的にはかなり寒いのですが、
気温の低い現場で、ぜひ使ってみて欲しいのが「アミノバイタルカプシ」です。

この時期のスポーツにはかなりの優れもので、飲んでから動き出すと身体も
いつも以上にポカポカして快適に運動できます。

10haru_aminoカプシ_21P.jpg
冬季競技の選手も実感してくれていて本当に好評です。

ぜひお試しあれicon:cursor_up

ビクトリープロジェクトスタッフ


篠田 幸彦

(リーダー)

------------------------------------

栗原 秀文

(通称 ビクトリー栗原)

日本のスポーツ界に命を懸ける。自身の選手時代の苦い経験をもとに、現役アスリートに悔しい思いを繰り返させないためにサポートを行う。

------------------------------------

一番ヶ瀬 和彦

サポートするアスリートが「一番」になると、その名の通り上機嫌。選手たちと我が子を心から愛する。

------------------------------------

森田 友子

管理栄養士。ニーズを捉え、選手の日常での「実践」を目指して、サポートに奮闘中。

------------------------------------

葛西 和輝