味の素KK VICTORY PROJECT 「勝道」日記

バドミントン日本代表パートナー契約締結!

2015/05/03

みなさま、こんにちは!ビクトリー栗原です。
ゴールデンウィーク、いかがお過ごしでしょうか!?
関東地方は天気も良く行楽日和。そしてアスリートは『強化日和』!!
様々な場所で強化合宿も行われています。我々「ビクトリープロジェクト」は各地へ出向いておりますのでその様子は改めてご報告させていただきますね。


さて、今日は先日4月30日に行われました、バドミントン日本代表選手発表と味の素が栄養サポートパートナーとして契約を締結した際の記者会見の様子をご報告します。

代表発表記者会見の様子ですbad2015daihyou.JPG
私たち味の素は(公財)日本バドミントン協会と2021年3月末までの6年間、日本代表チームの栄養サポートパートナー契約を締結しました。

代表選手・今井専務理事へ「アミノバイタル」GOLDを提供する味の素 甲谷koutani zoutei.JPG
この契約は来年に迫るリオオリンピックに向けたバドミントン日本代表の強化のみならず、2020年東京オリンピックに向けたバドミントン日本代表の強化を推進するものです。

これまで「ビクトリープロジェクト」は2011年から本格的に選手強化のサポートを行っており、選手のみなさんの頑張りにより、今では世界でトップとして戦える力をつけられました。
2012年ロンドンでの活躍のみならず、昨年2014年度の世界大会での活躍は目を見張るものでした。
その実力を更に強固なものにするべく、サポートを行ってゆきます。

左から甲谷、「ビクトリープロジェクト」栗原、森田、鈴木、葛西VPteam.JPG

先だっては、リオに向けて現在の日本選手の強化すべきポイントを概念として表現し、それを改善するために「栄養・アミノ酸」でどのようにアプローチするかを提案。

勉強会の様子150120benkyoukai.JPG
今後、より選手たちの強化すべきポイントを明確にして「栄養・アミノ酸」、すなわち「勝ち飯」で向上できるように取組んでゆきます。

余談ですが、記者会見後に多くのバドミントン関係者と選手の皆さんが一緒にプレーをする懇親大会が行われましたが、それにあたり「アミノバイタル」を参加者全員に飲んでいただく模範を男子の早川主将にやっていただきました!いやーっ、イイ飲みっぷりでしたねー(笑)hayakawa mohan.JPG
参加者皆さん、勝利を目指して!「アミノバイタル」注入!!sannpurinngu siai.JPG

皆さん是非、バドミントン日本代表の応援をよろしくお願いいたします!
これぞまさに、ビクトリー!!

バドミントン 日本代表チーム、銀メダルおめでとう!

2012/08/05

みなさん、こんにちは。
@ロンドン 現在8月5日14:30です。

昨日のバドミントン。皆さん、応援いただけましたでしょうか!

第2セット、驚異的な粘りを見せました。
本当に気持ちがこもったラリーで、食らいつきを見せました。

今回のバドミントン代表チーム、3セットまでもつれる展開が多くありましたが
しっかりと粘りを見せ、勝利を収めるケースが見れました。

ビクトリープロジェクトとして、取組んだ部分がまさにそこでした。

それぞれの代表選手の技術は大変高いものになっています。

あとは、最後の踏ん張る気持ちと、最後まで動ききるカラダを作るということでした。

我々として必要と考えたことは
1、激しいトレーニングを重ねることができるコンディショニング
2、試合中のエネルギーを落とさないようにする

ということです。

「アミノバイタル」を活用して実現するべく実践の勉強会などを行ってきました。
003.JPG

また、激しいトレーニングを行う時に、選手のみんなを鼓舞すべく、
栗原もトレーニングに参加して、大きな声でともに動きまくりました。
といいますか、だまって誰が見てられるか!と勝手にカラダが動いたのが事実です。


そうした経験から、
選手はいつもどおり我々が伝えた上記1、2 のために
「アミノバイタル」をしっかり有効活用する様になりました。

それらの期間、みんなでやってきた事がチカラになることができて
本当に嬉しいです。

最高のパフォーマンスができなかった選手も当然中にはいます。
でも、今回のメダルはみんなで勝ち取った「ニッポン バドミントン界の銀メダル」です。
だから、みんな!本当におめでとう!

これからも、みんなの頑張りをもっと応援してゆきたいと思う。
ビクトリー!!

バドミントン女子ダブルス決勝。

2012/08/05


皆さん。こんにちは。バンでございます。

日本バドミントン界の挑戦。
女子ダブルス決勝。藤井・垣岩組VS田・趙組戦が
現地時間8月4日(土)の16時に行なわれました。

自分達のバドミントンを貫いてここまで上り詰めたこのペア。

第1ゲームを落とした後の第2ゲームのこのペアは本当に粘り強かった。
離されては食らいついて最終的には3度のデュースを繰り返す熱戦でしたが
ゲームスコア0−2で惜しくも破れ、銀メダルを獲得しました。

遡って昨年9月のヨネックスオープン・ジャパン。
藤井、垣岩組は準決勝で中国の若手ペアに勝っていたゲームで競り負けてしまい、
中国に遠慮している感があるとマスコミに評されていました。

その時に比べて彼女達は本当に最後まで諦めない、
強いフジカキを見せて観客を魅了してくれたと思います。

本当に感動をありがとう。
ロンドンで更に成長し歴史を塗り替えたこのペアに温かい拍手を!!

バドミントン日本代表チーム!目指せ金メダル!

2012/08/04

みなさん、こんにちは。
ビクトリー栗原です。

皆さんご存知の通り、バドミントン日本代表チームが金メダルに向けて
明日戦います。

試合をする選手だけでなく、全員での応援体制。

戦う選手はとっても緊張している様ですが、
これまでやってきたトレーニングの苦しさや努力があるから、今の位置がある。

だから、ぜーんぜん大丈夫。自信を持って戦って欲しい。
みんなの応援の力で絶対にいける。

ただそれだけ!ビクトリー!!

バドミントン サポート @ウェンブリー

2012/07/30

みなさん、こんにちは!日本の応援お疲れ様です。ビクトリー栗原です。

活躍中のニッポンバドミントンチーム!

バドミントンはウェンブリーという場所で行われています。ロンドンから離れた場所。

今大会は競技場がロンドンのオリンピックパークを中心に行われていますが、いくつかの競技はそこから離れた場所で行われます。

そうした競技の選手たちは、競技ごとに選手村を離れて会場付近に拠点を移します。

バドミントンもその一つ。選手村を26日に離れたチームに「今、そしてこれから必要なモノ」を届けに、電車で約1.5時間。約60kgの荷物をメンバー5名で持ってゆきました。

バド荷物.jpg
たくさんの荷物を。
重いぜ!.jpg
お、重い!!エレベーターなし。

到着!.jpg
到着!ウェンブリー!!

練習してるぜ.jpg
練習会場
分けるぜ.jpg
仕分け。

激励!.jpg
激励!

藤井垣岩.jpg
潮田佐藤.jpg

みんな嬉しそう! 秘密の「クリドリ」の材料がそろったぜ!!

さぁ、これで怖いモノ無しさ。
思いっきり行って!応援してるよ!ビクトリー!!

もうすぐ本番。まだ進化!

2012/07/11

みなさん、ごぶさたしております。ビクトリー栗原ですicon:body_peace早いもので、ロンドンオリンピック開幕までもう少し。
選手も最後の調整に入っていますicon:cursor_up

バドミントンの最終合宿に行きました。
2012.7.11-2.jpg

彼らは最後の追い込みの最中!ハードなトレーニングを行っています。
これも、最後の最後までカラダは生まれ変われるからです。


どういうことか?
人間のカラダを構成するのにタンパク質はとても大切なもの。筋肉などはそのタンパク質で出来ているといっても過言ではありません。そして、そのタンパク質は「アミノ酸」で作られています。
そして、そのタンパク質はとても速いスピードで分解され、一方で作られているのです。すなわち入れ変わる。筋肉は約2週間で半分が入れ替わるとも言
われています。

2012.7.11-4.jpg


という事は、2週間で人間のカラダは生まれ変われるんです!そしてそれは何モノでもない、皆さんが食べたもの・タンパク質(アミノ酸)で出来ています。


2012.7.11-1.jpg

だから、バドミントンの選手は最後にしっかりとトレーニングをして、しっかりと食べてアミノ酸を摂取する。今、まさに更に強い自分に生まれ変わろうとしているんです!

そうだよ、選手のみんな。まだまだ最後まで強くなれるんだ。

最後の最後まで、進化できるんだ。

そして、出陣だ!いくぜ、ビクトリー!!
2012.7.11-3.jpg


潮田玲子選手もロンドンオリンピック出場内定です! 

2012/05/10

皆さん。こんにちはicon:ecstoramation
バンでございますicon:body_no1
ゴールデンウィークは皆さんはどのようにお過ごしでしたでしょうか?

スポーツ界ではロンドンを目指す選手達の代表選考会が様々な競技で行なわれました。


まずは我らがバドミントンの潮田玲子選手icon:sun

5月3日に世界ランキングが発表。混合ダブルスの潮田、池田ペアは08年北京大会に続きともに2度目のオリンピックとなり、96年アトランタ大会から実施の同種目で日本勢初の出場が決定しましたicon:cursor_up


ikesio.JPG

話題性が先行し、なかなか苦しい戦いが続いた結成4年目のイケシオ、夢のロンドンオリンピックの切符をつかみました。

ここは勢いに乗ってメダルを獲得しちゃって日本を元気にしちゃってくださいicon:body_good

siota.JPG

そして体操のNHK杯。
既にロンドンオリンピック出場を決めている内村選手が優勝icon:ecstoramation

こちらも非常に安定感があり、完成度の高い演技で完勝です。

また、団体で一緒に戦う選手もこの大会で決定し、いよいよ本番モード突入icon:star

我々も日本代表により良い戦いの準備をしてもらえるよう更に奔走します。

それではicon:body_stop

ロンドンオリンピック開幕まであと78日

おめでとう!潮田選手!

2011/12/15

皆さん。こんにちはicon:ecstoramation
バンでございますicon:body_no1
寒くなってきましたね。
寒いからといって部屋に閉じこもらず、今こそ「アミノバイタルカプシ」を飲んで
ポカポカ脂肪燃焼しましょうicon:sweat

さてバドミントン・全日本総合選手権最終日(11日、代々木第2体育館)各種目の決勝を行われました。
混合ダブルスの池田信太郎選手と出場した潮田玲子(日本ユニシス)が
見事の初優勝を飾りましたicon:face_self-conscious_smile

IMG_4515-m.jpg

厳しい練習と海外遠征を数多くこなし、実践を重ねてレベルアップしてきたこのコンビ。
ロンドンオリンピックまで更なる加速で突っ走ってくれることでしょうicon:body_run_away_right
皆さんもこの話題のコンビを応援してくださいねicon:body_good


IMG_4686-m.jpg


ヨネックスオープン ジャパン・その2

2011/09/29

皆さんこんにちは。お久しぶりです、ビクトリー栗原です。

先日のバンからの報告にありましたこの大会。
ビクトリーが観た思いを。。

ガッツV__.JPG


来年のオリンピックに向けた、とっても大切なスーパーシリーズというランクの高いこの大会。


惜しくも良い結果が出なかった選手もいます。


一方、自身初のベスト4になった女子ダブルス藤井・垣岩組。良く戦いました。

選手__.JPG

バドミントン。

この競技は、本当に心の中がゲームに映し出されるものですね

心が引き始めると、一気に相手に流れが行く。会場の空気もスグに反応する。

技術や体力も当然ですが、それを支える精神力が最も重要なのではないかと思います。
だから日本代表の朴監督の練習やトレーニングはそこに焦点をあてたものになっている。

いつの代表合宿でも、朴監督は「まだまだだぁー!もっとー、もっとー!!」と、選手を追い込む。

その日頃の鍛錬を支えるのが、我々ビクトリープロジェクトのサポートであり、「アミノ酸」や栄養からのアプローチなんだ、と改めて試合を見ていて感じましたよ。


さぁ、また10月入ってまた遠征。味トレでの合宿、がんばろうね、みんな!!


まだまだやるぜ、ビクトリー!!

ヨネックス・オープン・ジャパン2011

2011/09/26

こんにちわicon:ecstoramation

バンでございますicon:body_no1


涼しくなってきましてスポーツの秋を満喫していらっしゃいますでしょうか?
ぜひこの過ごしやすいシーズンに新しいスポーツにもチャレンジして下さいicon:cursor_up

さて今回はバドミントンのヨネックスジャパンオープン2011にて勝道してきました。

この大会は味の素製品が5日間の大会をしっかりサポート。


消耗される水分とアミノ酸は「アミノバイタル」ボディリフレッシュがしっかりバックアップ。
入場ゲート近辺で選手が自由に取れるようになってます。
ドリンク.JPG


激しい戦いに挑んだ選手の胃にやさしく「クノール」のスープ達が癒してくれてましたicon:face_shy
ラウンジ.JPG

世界の競合が集まった今大会ですが、日本勢は大変な苦戦を強いられてしまい残念な結果となってしまいましたicon:face_mistake
選手達はきっとこの経験を生かしてもっともっと追い込んで練習してくれると思います。

まだまだいくぜicon:body_biceps


頑張れ!!チーム日本!!

ビクトリープロジェクトスタッフ


篠田 幸彦

(リーダー)

------------------------------------

栗原 秀文

(通称 ビクトリー栗原)

日本のスポーツ界に命を懸ける。自身の選手時代の苦い経験をもとに、現役アスリートに悔しい思いを繰り返させないためにサポートを行う。

------------------------------------

一番ヶ瀬 和彦

サポートするアスリートが「一番」になると、その名の通り上機嫌。選手たちと我が子を心から愛する。

------------------------------------

森田 友子

管理栄養士。ニーズを捉え、選手の日常での「実践」を目指して、サポートに奮闘中。

------------------------------------

葛西 和輝