味の素KK VICTORY PROJECT 「勝道」日記

闘いは、もう始まっている。

2012/09/11

みなさん、こんにちは!ロンドンオリンピック以来のごぶさたです。

ロンドン後、やはり我々のようなサポートする部隊もその後の報告などで忙しい日々を送っています。やはりオリンピックはスゴイ!ホント、そう思います。

さて週末、競泳の学生選手権(インカレ)に行ってきました。
我々「ビクトリープロジェクト」がロンドンに向けてサポートした選手が集結する試合です。
会場.jpg
―辰巳国際競泳場にて―

オリンピックでメダルを獲得したある選手は、この大会でも優勝をして「まだまだ私の競泳人生は続きます。リオに向けて頑張ります!」と力強い決意表明をしていました。
すでに4年後を見据えてスタートしているのを改めて感じました。


彰.jpg―貫録の優勝!目指すは4年後!!−

また、それ以外にもこの大会に向けて多くの選手の強化をお手伝いしてきました。
大学生の試合としてはこの試合が最後。
4年間頑張ってきた選手の最後の雄姿を目に焼き付けたい。そして、全力で声を出して応援したかった。

応援.jpg
―腹から声出てるぞ!ビクトリー!!―

この試合で多くの選手が、競技を引退する事でしょう。その選手はどれだけ満足をした選手生活だったでしょう。人それぞれいろいろな想いがあると思います。
それでも、その場面に一緒にいることが出来る事は本当に幸せであり、「また次の年代の選手にもチカラになってあげたい。」と心から思いました。


ハイタッチ.jpg―競技終了した選手とハイタッチ。本当にお疲れ様。―


毎年、引退する選手を見届けるのはとってもツラいのですが、それだけ重要な立場を担わせて頂いているのだという自覚にもなります。

これからも、多くの選手のチカラになる為に気合を入れて頑張ります。4年後のリオに向けても!ビクトリー!!

我々のオリンピック。

2012/08/14

みなさん、こんにちは。
ビクトリー栗原です。

開幕してから17日間。本当にあっという間に過ぎました。

選手の皆さんは、この夏の一瞬のために、

4年間、いや生まれて競技を始めてから、ずっと絶え間ない努力をしてきました。

その努力の後押しをするのが、我々味の素「ビクトリープロジェクト」の役割。


競技を取り巻くサポートの様々な分野の技術は、毎回オリンピックごとに高度になります。


我々、味の素スポーツ栄養科学研究もロンドンに向けて


・「アミノバイタル」GOLD ロンドンスペシャル
・「アミノバイタル」アミノプロテイン
・「アミノバイタル」パーフェクトエネルギー


という製品を、世界で最も優れた味の素のアミノ酸研究陣を擁して開発。
選手強化に活用してきました。


リオデジャネイロ オリンピックに向けて、いやその前のソチオリンピックに向けて

我々も、次の「進化」をしてゆこう。
「研究・開発・選手適応」を強化の現場でしっかりやろう。
世界一の「後押し」を、世界一を目指す日本の選手みんなにしてゆこう。

それが、我々「ビクトリープロジェクト」の役割です。

ロンドンVP集合.jpg
あっ、バンさんがいない!icon:face_self-conscious_smile


我々もオリンピックに向けて、どれだけ「進化」をすることができるかということ。
すでに次に向けて勝負は始まっています。


前進しようぜ。

みなさんも、世界一の応援をこれからもよろしくお願いいたします。

ありがとうございました。

ロンドンオリンピック閉幕。

2012/08/13

こんにちは。バンでございますicon:body_no1

ロンドンでの時間8月12日23時です。
7月27日に開幕したロンドンオリンピック17日間のチームジャパンの戦いも
とうとう終わってしまいました。

我々ビクトリープロジェクトの拠点でのサポート勝道も本日無事に終了です。


日本の獲得のメダル数は金7、銀14、銅17と過去最多の獲得メダル数となりました。
また、メダルを取った競技数もアテネの10競技から13競技に上り日本の競技力の底上げを印象付ける大会だったと思います。

また競泳の男女のメドレーリレーや体操男子団体などチーム力を問われる競技で
メダルを獲得し、日本の結束力はチームワークの良さを個人的には印象付けられた
大会であったと個人的には感じました。

皆さんはどのように感じましたか?

個人で納得いくまで出し切れた選手。まだまだやり残したことがある選手。
日本の代表として戦う彼らの全てにどのくらい貢献できたか?いうと正直は量りきれません。

でも補食を活用したり、食事をしたり、製品の話をしたりして数多くの
選手を送り出すことが出来ました。

そして競技後、疲れ切ってるのにわざわざ拠点に来て報告に来てくれる選手が
感謝やお礼の言葉で幸せの御裾分けをしてくれました。

だから絶対0ではないのですicon:body_good

これからも我々の皆さんが日々の練習や試合に100%の身体と気持ちで望めるように
製品や味の素ナショナルトレーニングセンターを通じてサポートし、そして日本の
皆様に選手からのいきいきした元気が伝わるように日々勝道して参ります。

選手、関係者の皆様本当にお疲れ様でした。
又、我々の勝道をご支援、応援いただいた皆様本当にありがとうございました。

012345678.jpg

ロンドンの勝道拠点では・・・。

2012/08/10


こんにちは。バンでございますicon:body_no1
いよいよロンドンオリンピックも終盤。

皆さんも寝不足との戦いもあと少しです。
現地の選手は最後の最後まで頑張りますのでぜひ応援してください。icon:star

ロンドンの活動(勝道)拠点はテレビで現地の競技の生放送が常に流れており、
またその放送を見ながら製品を食べれるようになっていますicon:face_chomp

ソファーもあって居心地も良く、毎日様々な選手が訪れます。

初めてオリンピックに出る選手がいたり、何度も出場した選手がいたり。
他にも演技系だったり、格闘系だったり、競技時間が非常に長い競技や
自分の出番はわずか数分だったり。

本当に様々な選手がこのブースに出入りするのですが、
この拠点は異競技選手の情報交換の場にもなっているのですicon:memo2

例えば演技系のベテラン男性選手と10代の混合競技の女性選手が
「心の緊張」について話し合っている光景見れたり、
又、異なる格闘技の選手二人が新体操に必要な素質について
話していたりと様々な交流が見られますicon:glasses

我々の拠点はそのような場としても機能しているのです。

食事と会話でリラックスしていざ戦いの場へ。

がんばれicon:ecstoramation 

チームJapanicon:ecstoramationicon:ecstoramation

内村選手、おめでとう!銀メダル!!

2012/08/05

先ほど、終了!
内村選手、個人種目別ゆか。

ミスのない演技でした。

しっかりと自分の演技ができました。

勝利した中国の選手、すごかったです。
素晴らしい演技でした。

彼を讃えつつ、次回は超えるために我々が何をすべきか。

また、体操チームの皆さんと議論をしたい。

そして、次のリオデジャネイロでは、今回の結果を確実に上回る結果を出すために
取組みたい。

しっかりと演技ができただけに、
そう思いました。


内村選手、本当にお疲れ様でした!おめでとう!!

たくさんのビクトリーをありがとう!!

バドミントン 日本代表チーム、銀メダルおめでとう!

2012/08/05

みなさん、こんにちは。
@ロンドン 現在8月5日14:30です。

昨日のバドミントン。皆さん、応援いただけましたでしょうか!

第2セット、驚異的な粘りを見せました。
本当に気持ちがこもったラリーで、食らいつきを見せました。

今回のバドミントン代表チーム、3セットまでもつれる展開が多くありましたが
しっかりと粘りを見せ、勝利を収めるケースが見れました。

ビクトリープロジェクトとして、取組んだ部分がまさにそこでした。

それぞれの代表選手の技術は大変高いものになっています。

あとは、最後の踏ん張る気持ちと、最後まで動ききるカラダを作るということでした。

我々として必要と考えたことは
1、激しいトレーニングを重ねることができるコンディショニング
2、試合中のエネルギーを落とさないようにする

ということです。

「アミノバイタル」を活用して実現するべく実践の勉強会などを行ってきました。
003.JPG

また、激しいトレーニングを行う時に、選手のみんなを鼓舞すべく、
栗原もトレーニングに参加して、大きな声でともに動きまくりました。
といいますか、だまって誰が見てられるか!と勝手にカラダが動いたのが事実です。


そうした経験から、
選手はいつもどおり我々が伝えた上記1、2 のために
「アミノバイタル」をしっかり有効活用する様になりました。

それらの期間、みんなでやってきた事がチカラになることができて
本当に嬉しいです。

最高のパフォーマンスができなかった選手も当然中にはいます。
でも、今回のメダルはみんなで勝ち取った「ニッポン バドミントン界の銀メダル」です。
だから、みんな!本当におめでとう!

これからも、みんなの頑張りをもっと応援してゆきたいと思う。
ビクトリー!!

体操 内村選手、個人種目別。いよいよ!!

2012/08/05

みなさまこんにちは!
ビクトリー栗原です。

さてさてチームニッポン、メダルラッシュになってきましたね!!

昨日のバドミントン、競泳男女メドレーリレー!!

どちらも、我々ビクトリープロジェクトは数年間の強化活動に取り組んでいました。

その成果が実を結んだ。少しでも貢献できている事実に、我々は誇りを持って最後までしっかりと「勝道」をします!

さて、いよいよ男子体操個人種目別が始まります。

我らが内村選手。最後の踏ん張りです。本日もいつもと変わらずしっかりとあわてることなく出陣。

さて、どんな演技をしてくれるか。もう全種目やらずに集中できるわけです。

踏ん張れ、内村選手!

ビクトリー!!皆さんも応援お願いいたします。

競泳 400mメドレーリレー速報。

2012/08/05

またまたバンでございます。
現地時間8月4日(土)20時50分の速報です。
ロンドンオリンピック第9日の競泳トビウオジャパンは
男女共に400メートルメドレーリレーの決勝に挑みました。

まずは女子の寺川、鈴木、加藤、上田組。
競合多数の混戦の中、3分55秒73の日本新記録で3位となり、2000年シドニー五輪以来の銅メダルを獲得しました。
この種目では12年ぶりのメダル獲得。
一度は4位まで順位を落としたものの、ラスト50mで再度3位に浮上。
役者の揃ったワクワクさせる、強い戦いを見せつけてくれました。


そして・・・。
いよいよ男子の出番。
日本で最強の面子、我らが入江選手、北島、松田、藤井の布陣で決勝の舞台へ。
日本は3分31秒26で史上初の銀メダルを獲得。
日本競泳陣は男女共に素晴らしいラストを飾りました。

今回のロンドンオリンピックで競泳トビウオジャパンのメダル数は11個
(金0、銀3、銅8)で、04年アテネ五輪の8個(金3、銀1、銅4)を
上回り戦後最高の成績。

個人の力や得意種目が片寄っては絶対勝てない、このメドレーリレーで勝つことの
意義は日本競泳界の実力を世界に示す為の非常に意味があることと私は思います。

本当に感動して選手村で吼えまくってしまいました。


選手、スタッフの皆さんまずはゆっくりお休み下さい。
そして素晴らしい日々をありがとうございました。

日本選手団の活躍はまだまだ続きます。
どうぞ応援宜しくお願いします。

バドミントン女子ダブルス決勝。

2012/08/05


皆さん。こんにちは。バンでございます。

日本バドミントン界の挑戦。
女子ダブルス決勝。藤井・垣岩組VS田・趙組戦が
現地時間8月4日(土)の16時に行なわれました。

自分達のバドミントンを貫いてここまで上り詰めたこのペア。

第1ゲームを落とした後の第2ゲームのこのペアは本当に粘り強かった。
離されては食らいついて最終的には3度のデュースを繰り返す熱戦でしたが
ゲームスコア0−2で惜しくも破れ、銀メダルを獲得しました。

遡って昨年9月のヨネックスオープン・ジャパン。
藤井、垣岩組は準決勝で中国の若手ペアに勝っていたゲームで競り負けてしまい、
中国に遠慮している感があるとマスコミに評されていました。

その時に比べて彼女達は本当に最後まで諦めない、
強いフジカキを見せて観客を魅了してくれたと思います。

本当に感動をありがとう。
ロンドンで更に成長し歴史を塗り替えたこのペアに温かい拍手を!!

バドミントン日本代表チーム!目指せ金メダル!

2012/08/04

みなさん、こんにちは。
ビクトリー栗原です。

皆さんご存知の通り、バドミントン日本代表チームが金メダルに向けて
明日戦います。

試合をする選手だけでなく、全員での応援体制。

戦う選手はとっても緊張している様ですが、
これまでやってきたトレーニングの苦しさや努力があるから、今の位置がある。

だから、ぜーんぜん大丈夫。自信を持って戦って欲しい。
みんなの応援の力で絶対にいける。

ただそれだけ!ビクトリー!!

ビクトリープロジェクトスタッフ


篠田 幸彦

(リーダー)

------------------------------------

栗原 秀文

(通称 ビクトリー栗原)

日本のスポーツ界に命を懸ける。自身の選手時代の苦い経験をもとに、現役アスリートに悔しい思いを繰り返させないためにサポートを行う。

------------------------------------

一番ヶ瀬 和彦

サポートするアスリートが「一番」になると、その名の通り上機嫌。選手たちと我が子を心から愛する。

------------------------------------

森田 友子

管理栄養士。ニーズを捉え、選手の日常での「実践」を目指して、サポートに奮闘中。

------------------------------------

葛西 和輝