味の素KK VICTORY PROJECT 「勝道」日記

ポセイドンジャパン、女子もサポート始動!

2015/06/26

みなさん、こんにちは。鈴木です。


今回はポセイドンジャパン(水球日本代表)、女子選手への勝道をご報告します。
5月にご報告しました男子選手(http://vp.ajinomoto.co.jp/2015/05/post-160.html)に引き続き、女子選手に対してもサポートを始動いたしました!!


そこでまずは「勝ち飯」勉強会を実施。日本人は世界の中で圧倒的に体格が小さく、そんな中で戦っていくためにはたくさん泳げるスタミナがとても重要です。実際にスタッフの方からも「泳ぎ回る戦術」を目指していると伺いました。
そこで今回は「泳ぎ抜き、シュートを決めるために!」というテーマです。


勉強会の様子

食事の「勝ち飯」では、エネルギー源となる糖質、そしてエネルギー生産を助けるビタミンB1をしっかりとるコツをお伝えしました。それはただ糖質とビタミンB1を多く含む食品を食べればいいということではありません。主食主菜副菜汁物牛乳・乳製品果物をそろえた食事をすることが基本で、そのうえで食材や量を工夫するのです!例えば、主食をたっぷり(糖質↑)主菜で豚肉(ビタミンB1↑)副菜で緑黄色野菜(ビタミンB1↑)といも(糖質↑)汁物で豆腐(ビタミンB1↑)といった具合です!


補食の「勝ち飯」は、「泳ぎ抜き、シュートを決めるために」、アミノ酸(「アミノバイタル」)でできるカラダづくりとコンディショニングについて。もとからプロテインを飲んでいる選手の中には、ベストのタイミングを逃していた選手も・・・。そこで、補食の目的やそれに応じた内容とタイミングをしっかり勉強してもらいました!


勉強会の様子

チョコレートが好きな選手が多いということで・・・
「アミノプロテイン チョコレート味」を試飲中!
アミノプロテインを試飲中


勉強会後は練習を見学させていただきました。


練習風景

練習後にすぐ飲めるよう、スタッフさんが人数分用意してくださっています!
アミノバイタルと練習風景


練習風景激しく泳ぎ回り、何度も力強いパスやシュートを繰り返す選手たちを見て、「泳ぎ抜き、シュートを決める」ことの大変さを強く感じました。質の高い練習を行い、その負荷をしっかり身につけ、試合で成果を出せるよう、「ビクトリープロジェクト」は「勝ち飯」を通して全力でサポートいたします!!

この記事のトラックバック(0)

https://vp.ajinomoto.co.jp/blogcgi/ajinomoto-mt-tb.cgi/13928

コメントする

名前

メール

URL

コメント

ビクトリープロジェクトスタッフ


篠田 幸彦

(リーダー)

------------------------------------

栗原 秀文

(通称 ビクトリー栗原)

日本のスポーツ界に命を懸ける。自身の選手時代の苦い経験をもとに、現役アスリートに悔しい思いを繰り返させないためにサポートを行う。

------------------------------------

一番ヶ瀬 和彦

サポートするアスリートが「一番」になると、その名の通り上機嫌。選手たちと我が子を心から愛する。

------------------------------------

森田 友子

管理栄養士。ニーズを捉え、選手の日常での「実践」を目指して、サポートに奮闘中。

------------------------------------

葛西 和輝